2021年06月10日

いきなり渦巻きボード

前回に続き、クゴリーノ・ヒットとマグ・ビルディング・スタンダードの組み合わせでコースを作ってみました。



12番からいきなり渦巻きボードでスタートです!
できるだけボードの縁からビー玉が入るように、12番の置き方を工夫しました。
一見危なっかしいですが、両端がパーツの上に乗っているので意外と安定しています。

コースの真ん中ほどの位置にヒットを入れ、最後はスタートのほぼ真下からゴールする点は前回のコースと似てますね。
ただ今回は、できるだけパーツが余らないようにしたのです。
それでもピッタリ使い切れなかったので、それらは右手前に積んでおきました。
上に白い柴ワンコが乗っています。

なお緑色のは、飾りに置いた自分で色を塗ったニチガンの無塗装積み木です。
posted by REIKO at 01:51| Comment(0) | 類似品と仲良く共演!?

2021年05月30日

飛んで回って…クゴリーノ・ヒット+Mag Building

クゴリーノ・ヒットと、キュボロ類似品マグ・ビルディング・スタンダードでコースを作ってみました。
この両者を組み合わせて遊んだのは初めてです。
飛んだり回ったりの楽しいコースになりましたよ♪



ヒットはコースの途中に挿入し、スタート部分をゴール近くのパーツの上に乗せて、全体にまとまりを出しました。
渦巻きボードへは、クゴリーノ・ヒットに入っている加速パーツの16番から勢い良くビー玉が入るため、小さいボードでも長時間クルクル回ってますね。
回りすぎ?かと思うくらい(笑)。

この2セットの組み合わせはとても相性が良いと思いました。
あまり考えずにコースを組んでも、パーツ不足で困ることはないでしょう。
むしろパーツが少し余る感じ(実際、余りました)。

なおキュボロそっくりのマグ・ビルディング・スタンダードですが、今回のように両者を混ぜて遊んでも、片付ける時には区別がつくのでご心配なく。
同じブナ材でも表面の手触りや見た目が違うんですよ。
動画では分かりにくいですが、直に見て&触ればどなたでも区別できると思います。
実はマグ〜の方がスベスベしていて艶があり、高級感が…えええっ!?
でもそのためか積んだパーツが滑りやすく、ビー玉の走行性もイマイチのような。

ビー玉転がしの積み木には、滑らかさとザラつきの両方が必要なんでしょうね。
その点キュボロのブナ材は、絶妙な加減なんですよ。
たかがビー玉転がし、されどビー玉転がし、なかなか奥が深いです…(^ ^;)
posted by REIKO at 00:40| Comment(0) | 類似品と仲良く共演!?

2021年05月27日

積み木をチョイ足しでクゴリーノ・ヒット+スタート

前回のクゴリーノ・ヒットとスタートだけの組み合わせでは、土台が不足気味で思ったようなコースが作れなかったため、積み木を少し足してみることにしました。

使ったのは、ホームセンターで買った5センチ基尺のブナ材に自分で色を塗った積み木です。
見た目にもアクセントが付いて、楽しいコースになりましたよ♪



足した積み木は、白い円柱、赤い立方体、(奥で見えにくいですが)高さ10cmの青い直方体、以上が土台で、その他にパーツのズレ止め用に黄色の三角柱です。
これだけの追加でも随分違いますね。
4階まで打ち上げたビー玉が、高架で転がる距離を長くすることができます。

赤い立方体上の42番が斜めになっているのは、ビー玉を端から入れてクルクル回す&直下のレールに落とすためです。
前回、ヒットで打ち上げる前後のコースに何の交わりもなかったのは、ズラして置いた42番に他のパーツも合わせてしまったせいで、交わりようがなかったのです。
しかし今回は立体交差にしたかったので、コースの前半と後半でパーツの位置がズレないようにする必要がありました。
その結果、42番「だけ」がヘンな置き方になったわけです(笑)。

ヒットの打ち上げは1回だけで循環コースではありませんが、前半と後半で交わりを作ったことで、まとまりのあるコースになったと思います。
posted by REIKO at 17:34| Comment(0) | cugolino ヒット&ポップ

2021年05月23日

クゴリーノ・ヒットとスタートを組み合わせてみる

久しぶりにクゴリーノ・ヒットを引っ張り出して、まだ組み合わせて遊んだことがなかったクゴリーノ・スタートとコースを作ってみました。
実はこの組み合わせ、クゴリーノのシリーズ同士だけれど相性的には微妙かもと思っていたのです…さてどうなったでしょう?



今回は、ヒットでビー玉を打ち上げる前にもクルン♪とループする見どころを盛り込み、コースの途中にヒットを挿入した形にしました。
以前やったことのある「打ち上げのみ」「循環コース」のどちらとも違うタイプですね。

一応作ってはみたんですが、予想通りこの2つのセットは相性イマイチですね。
クゴリーノ・スタートだけでコースを作った場合、スタートの高さは2階半かせいぜい3階です。
しかしヒットはビー玉を4階まで打ち上げるんですよね…

高い階までビー玉を飛ばしても、その高さではあまり転がせず、すぐ下の階に落とさないと上手くコースが組めないのです。
今回のコースでは、4階からたった1パーツ分転がしただけで11番でトンネルに入れ、そこから出たビー玉を42番で受けるとすぐ2階に落としています。
せっかく4階に打ち上げたのにアッという間に2階…(^ ^;)

クゴリーノ・ヒットには打ち上げに関係するパーツの他に、5センチ角立方体のパーツが8個、2.5センチ厚のパーツが5個ついていますが、それらの応援を借りても、高い階にレールを渡すための土台が足りません。
レールを縦に置いて土台にすると、今度はレールが枯渇するし(苦笑)。
「スタート」ではないクゴリーノの基本セットだと、ヒットとの組み合わせがちょうど良いんですけどねえ。

もっともこれは、土台用に適当な積み木を足せば解決しそうなので、次はそれでやってみようと思います。
posted by REIKO at 01:23| Comment(0) | cugolino ヒット&ポップ

2021年05月09日

ベーシスとクゴリーノ・スタートでビー玉通り抜け

キュボロ・ベーシスとクゴリーノ・スタートのパーツを全部使い切って、キュボロの塔をビー玉が通り抜けるコースを作ってみました。
2.5センチ厚のパーツを効果的に使い、見える道が多くなっています。



1階で23Wから落下したビー玉が、高速で塔の下をくぐって反対側に出てきますね。
全体に、落下パーツの11番と23Wのスピードの違いが良く分かるコースになっていると思います。

11_23W.jpg

11番は前後左右どこからビー玉が入ってもほぼ同じ勢いで落下し、そのスピードは遅めです。
一方23Wは、後方からビー玉が入ると滑らかに転がり落ちて非常に速いスピードが出ますが、左右からの時はやや勢いが落ちます。
(でも11番よりは少し速いかな?)
23Wの欠点は、手前からビー玉が入ると上手く転がらないことですね。

高速でビー玉が落下すれば、それだけ同じ平面でも長い距離転がせますから、11番と23Wを上手く使い分けると安定した玉の道が作れます。
今回のコースでは、もし1階に23Wでなく11番を使うと、ゴール前で止まってしまうことがあります。
せっかく塔の下を通り抜けても、そこで力尽きてしまっては台無しですから…
(^ ^;)
posted by REIKO at 20:04| Comment(0) | cuboroとcugolino一緒に