2021年07月22日

キュボロ・メトロとクゴリーノ・スタートで合流コース

キュボロ・メトロとクゴリーノ・スタート、ゴールに「小さな大工さん」のDコートを使ったコースです。
スタートが2つあり、メトロの57番で道が合流します。



メトロは曲がるトンネルが売りの追加セットですが、ムルティ(マルチ)のようなビー玉に面白い動きをさせるパーツも含まれていて、今回はそれを有効利用しています。
曲がるトンネルだけだと見た目が地味なんですよね…(^ ^;ゞ

合流箇所↓↓↓

gouryu.jpg

2つの道で55番に異なる役割を持たせたのが今回の新機軸でしょうか。
・左側のレールから落ちてくるビー玉を下へスムーズに転がす
・右側からカーブして入ってくるビー玉は直進バックさせる

合流やバックがあるコースは、ジャラジャラ連続でビー玉を流すと衝突して止まってしまうことが多く、ゴールはクゴリーノ・スタートの小さなMでも構わないのですが、今回は大きくて安定感のあるDコートを使いました。
Mはどこかで土台になってますね…(笑)

なお新ラインナップのトンネルは曲がるトンネルにほぼ特化し、現メトロのムルティ的なパーツはトリックに、下にも溝がある複雑なパーツはプロへと振り分けられます。
各セットの特徴や目的が、現行より分かりやすくなると言えるでしょう。

2021年07月18日

分岐コースのゴールにBコート・Dコート

キュボロ・ムルティ(マルチ)とクゴリーノ・スタートに、「小さな大工さん」のBコートDコートを組み合わせて分岐コースを作ってみました。
クゴリーノのビー玉受けよりゴールが大きく、ビー玉を何個も続けて転がしても余裕がありますよ。



動画では分岐の向こう側が見えにくかったので、上からの写真↓↓↓

bunki.jpg

分岐後の2つのコースに立体交差を作り、最後は向かい合わせに置いたBコート・Dコートにゴールするように工夫しました。

以前は50mm基尺はBコートしか商品が無く、Dコートは最近追加されたものですが、これから欲しいという方はぜひ両方一緒に購入されることをお勧めします。
どちらかだけだとレイアウト的に「置けない」場合があって、たびたび残念な思いをします。
伏せたり立てれば土台にも使え、クゴリーノと遊ぶのに便利ですよ。

2021年07月06日

「キュボロ・ジュニア」先取りコース:その2

前回と同様に手持ちのパーツを集め、キュボロの新セット「ジュニア」とほぼ同じ構成でコースを作ってみました。



前回はゴールのビー玉入れがズレないよう、押さえに回っていた落下パーツ42番が今回の主役?です。
ビー玉がクルクルと良く回っていますね!
回すコツは、端の方からできるだけ高速でビー玉が入るようにすることです。

このコースではスタートから42番までのレールを少し傾けて、ビー玉の速度を上げました。
傾けすぎると勢い余ってコースアウトするので、適度に傾けるのがコツですね。
赤いAパーツの溝を利用し、レールを安定させつつも少し傾くように設置しています。↓

start_A.jpg

コースの後半では、23Wを2個使っています。
23Wは横からビー玉が入るとコキン☆と明るく大きな音がして、気分が上がりますよ!
一方、後方からビー玉が入るとほぼ無音ですが、その代わり高速&滑らかにビー玉が落下して、カーブではビー玉が生き物のような動きをするのが楽しいです。
便利な23Wですが、前方からビー玉を入れると落下しても転がりにくい点だけは注意しましょう。

どの方向からビー玉を入れても同じように落下する91番(11番と落下機能は同じ)と、方向によって違う23W、上手く使い分けたいですね。

2021年07月01日

キュボロ・ジュニア先取り!?こんなコースが作れます

キュボロの新セットのことが気になる今日この頃です(笑)。

新ラインナップの中で私が一番「これはイイぞ♪」と唸ったのが、現クゴリーノに相当するキュボロ・ジュニア
5センチ角立方体換算で2個分パーツ量が増え、価格もクゴリーノより高くなりますが、今までクゴリーノで遊んでいて少々不満だった点が解消されており、値上げに相応しい?バージョンアップだと言えます。

そこで、手元にあるクゴリーノとクゴリーノ・スタート、クゴリーノ・サブからパーツを集めてキュボロ・ジュニアとほぼ同じパーツ構成にして、どんなコースが作れるか試してみることにしました。



キュボロ・ジュニアは現クゴリーノより、落下パーツの数と種類が増えます。
5種6個、これだけ↓入っています。(クゴリーノは4種5個)

Rakka.jpg

1つのコースでこの全てを使うことは稀だと思いますが、ビー玉の出入りの方向が自由になり、落下パーツ箇所でコースを曲げる際の制約が少なくなりました。

クゴリーノではこういう問題があったし、後方からしかビー玉を入れられない23番は、狭い場所で遊ぶ際にコースを曲げられないのが不満でした。
ジュニアで23番に代わって横からもOKの23Wが2個も入ったのは、大サービスですね。

さらにUターンが2個、クルン♪のループに使える十字路のパーツも入っています!

U_turn.jpg
注:写真のUターンパーツはクゴリーノ・スタートのGCKで下にも直線の溝がありますが、キュボロ・ジュニアに含まれるKCは下に溝がありません

今回のコースは、これらジュニアならではのパーツができるだけ生きるように組んでみたものですが…どうだったでしょうか?

2021年06月26日

久々に大きなうずまきボード

前回に続いて、キュボロ類似品マグ-ビルディング・スタンダード(注:楽天の販売ページにリンクしようとしたら、現在無くなっているようです。またそのうち復活すると思いますが)と「小さな大工さん」の積み木やビー玉転がし用パーツを組み合わせたコースです。
「大工さん」の大きなうずまきボードも久しぶりですね!



元々マグ〜に入っているものと「大工さん」の2.5センチ厚の積み木で、11番からはトンネルに入れずに、上の溝にビー玉が出るようにしました。
ですから玉はほとんど見える道を転がっていきます。
マグ〜の小さなうずまきボードも、今回は伏せ置きにして2.5センチ厚の土台にしてしまいました。

12番から大きなうずまきボードに入り、ボードの下は付属の「くぐり」ではなく、11番です。
マグ〜の穴の開いたレールから「くぐり2(曲がり)」で「Uターン」に落ち、最後は前回と同様「bコート」でゴール。

うずまきボードはたくさんビー玉を回すと楽しいので、bコートは重宝します。
キュボロ製品にもこういう大きなゴール用のパーツがあってもいいと思うのですが、残念ながら新ラインナップには含まれませんでした。
うずまきボードも無いですしね…キュボロ的には邪道なんでしょうか?
アタマを使わずに目が回るだけだとか???!(^ ^;ゞ