2021年04月08日

キュボロから消える18番

キュボロ・ベーシスとプラスの53パーツで作ったコースです。
(余った1個は飾りに置いてあります)
トンネル多目でちょっと地味なコースですが、今まで落下パーツとしては出番がなかった18番を何とか組み込んでみたものです。



スタートして4階を転がってきたビー玉が11番に入って3階に落ちるところで、18番を使っています。
ココですね↓↓↓

18.jpg

追加セットのプラスにだけ2個ずつ入っている17番と18番、それぞれ基本パーツの7番・8番とよく似ていますが、上の溝と落下トンネルの位置関係が違います

8_18.jpg

7番・8番と比べると、どうしても使おうと思ってコースを組まない限り、落下パーツとしてはあまり出番がないのが正直なところです。
ほとんどの場合、上の曲線溝だけを利用することになるんですね。

そのせいかキュボロの新商品シリーズからは、17番・18番が消えてしまいました。
しかしプラスの中で加速落下パーツとして便利な15番・16番と、それぞれ17番・18番を合体!させたような新パーツが、77番・78番として追加セットのPROに含まれるようです。
かろうじて生き残ったというところでしょうか…(^ ^;ゞ
posted by REIKO at 01:26| Comment(0) | cuboroプラスで快速走行

2021年04月04日

プラスだけでミニコース:カーブ多めでグルグル回る

キュボロの追加セット、プラスのうち19パーツでミニコースを作ってみました。
トンネル以外の道はほとんど曲線で、スタートの周辺をグルグル回っているように見えます。



スタート直後に13番を置いたのは初めてでしたね。
2階の14番は、下の直線をビー玉がくぐれるように上下逆さに置きます。

このコースでは前回と違い、13番と14番の入れ替えはできません
曲線の溝が2つ彫ってある13番を直線の道に逆さに置いても、下をビー玉が通れないからですが、もう一つ理由があります。

それは落下パーツの出口すぐに十字路の14番(基本パーツの4番も同じ)を置いた場合、溝の角にビー玉がぶつかり止まってしまうことが多いためです。
十字路は出口から2つ目くらいの位置に置くのが良いようです。
キュボロの商品ブックレット等に載っているお手本コースも、ほとんどそうなっていますね。

その点、13番は落下出口の直後にも置けて便利です。
ただし落下スピードが速いと、カーブを曲がりきれずコースアウトしてしまうことが時々あります。
動画最後のスロー映像では、スタート直後のビー玉がコースから少し浮き上がっている様子が写っていますね(笑)。
posted by REIKO at 01:43| Comment(0) | cuboroプラスで快速走行

2021年04月01日

プラスだけでミニコース:13番を並べて使う

キュボロ・プラスのうち18パーツでミニコースを作ってみました。
余っているのは土台用の1番6個で、溝のあるパーツ16個は全部使っています。



追加セットのプラスは、基本パーツの3番と11番がそれぞれ2個、スタート用の12番が1個入っているため、小さなコースならこれだけでも割と作りやすいですね。

2階トンネル⇒1階は加速できる15番を使って、13番を2個並べたカーブの多い道でも、長くビー玉が転がるようにしました。
途中で上下逆さに置いた16番の下をくぐってから、11番で長いトンネルに入ってゴールします。
ゴール前で14番のトンネルを通る時、横から覗くとビー玉が見えますね!

なおこのコースでは、2個の13番のうちどちらか一方を、トンネルに使った14番と入れ替えることができます。
13番は、両隣の3番・18番とトンネルがつながる向きに置けばOKです。
写真を撮ってみました↓↓↓

irekae1.jpg

IMG_1843.jpg
posted by REIKO at 20:48| Comment(0) | cuboroプラスで快速走行

2020年12月04日

ベーシスとプラスでツイントップ・その3

キュボロ・ベーシスとプラスで、スタートが2つあるツイントップのコースを作ってみました。
この組み合わせでツイントップは三回目ですね。

ベーシスとプラスでツイントップ・その1
ベーシスとプラスでツイントップ・その2

今回の特徴は(意図したわけではありませんが)、スタートの12番が隣り合わせになったことでしょうか?



ツイントップで両方のスタートから一緒にビー玉を転がす場合は、双方の道が近づいたり離れたり、時には交差するところが見所になります。
キュボロ・プラスには、曲線が寄り合っている13番が2個、十字路の14番が1個ありますから、スタンダードやベーシスと合わせると、そのようなコースを作るのに向いていますね。
たまに交差点でビー玉がぶつかったりするのも一興です。

クネクネと何度も曲がる道でもビー玉が止まらないように、15番・16番の加速落下パーツを上手く使いましょう。
今回もトンネルから下の階に落とす3箇所で加速パーツを使っていますが、どこか分かるかな?
また1箇所だけ15・16番が配置的に使えなかったので、9番になっています…それはどこかな?
posted by REIKO at 20:29| Comment(0) | cuboroプラスで快速走行

2020年11月30日

ベーシスとプラスでマンションみたいな玉の塔

キュボロ・ベーシスとプラス、計54パーツでコースを作ってみました。
マンションかアパートみたいな外観になりましたが(笑)。



3階から2階へは11番・15番で、2階トンネルから1階へは16番でビー玉を落としています。
15番と16番は加速パーツですから、落とした先で長く転がすようにしました。
他のパーツの下をくぐって見え隠れする様子は、ちょっとプロフィを使ったコースのように感じるかもしれません。
最後はマンションの端から端に渡る、長いトンネルです。

プラスは曲線パーツが多いぶん直線が少なく、今回のコース作りでは最後の方で「ここに直線が必要だけど残りは曲線ばかりだなあ、どっかで直線パーツが土台に回ってないかな?」と、あちこち探し回るハメになりました。
探して見つかったから良かったものの、使い尽くしていたらあちこち崩して変更しないといけません。
やはりどんなパーツが何個あるか踏まえた上で、それに合った玉の道をイメージして作らないとダメですね。

プラスはクネクネ曲げてナンボなんでした、今回は少々直線が多すぎたようです。
次はクネクネさせます!!!!(^o^*)♫
posted by REIKO at 00:25| Comment(0) | cuboroプラスで快速走行