2014年04月06日

ベーシス使い切り模範コース?

キュボロ・ベーシス30パーツを全て使い切ったコースです。
それほど特徴のあるコースではありませんが、塔の形や表道とトンネルの割合、ビー玉が転がる時間の長さなど、全体にバランス良くできたので、割と気に入っています。



最初何となく作っていたら、ピッタリ30パーツでコースができたんですね。
で、そのまま動画にしようかな…と思ったのですが、溝のあるパーツがたくさん土台になっていて有効利用できていなかったので、あちこち組み替えてビー玉が長く転がるように工夫しました。

加速パーツを使っていない場合、塔の大きさや使用パーツ数の割にすぐゴールしてしまう玉の道は、あまり出来が良くないと思います。
上の溝だけでなくトンネルも上手に使い、1つのパーツを複数回ビー玉が通るようにすると転がる時間が長くなります。
キュボロのベーシスはスタンダードと比べて、土台の数が少なくパーツのやりくりが難しいだけに、良いコースにするには頭をひねる必要がありますね。
posted by REIKO at 16:39| Comment(0) | cuboroベーシスで頑張る

2013年11月11日

パーツをずらして1個節約!

キュボロのベーシス30パーツをぴったり使い切ったコースです。
普通にパーツを詰めて並べたのでは1個足りないため、ずらして積むことで切り抜けました。
動画は逆光で分かりにくいので、先に写真を↓↓↓

zure-basis.jpg

二階部分、本当はパーツが4個必要ですが、こうすれば3個で済みますね(笑)。

では動画をどうぞ。↓↓↓



だいぶ慣れてきたので、ベーシスだと気楽にちょちょっとコースを作って遊べますね。
スタンダードに比べて小ぶりな塔しかできませんが、これはこれで可愛らしく気に入っています。
そのまましばらく飾っておくにもいいですし。
posted by REIKO at 16:37| Comment(0) | cuboroベーシスで頑張る

トンネルから直接下の階へ…

キュボロのベーシス30パーツを、ちょうど使い切ったコースです。
二階から一階上面に移る時、5番パーツのトンネルから直接ビー玉を下に落としています。



キュボロの標準的なコース作りでは、トンネルから下の階へは7・8・9・10番を経由してビー玉を落とします。
こうするとスムーズにビー玉が溝に落ち、その後も滑らかに転がっていきます。
トンネルから直接落とすと、溝にガタンとぶつかった衝撃で、ビー玉の速度が落ちることがあるんですね。
コースによっては、早々に途中で止まってしまいます。

また動画を良く見たら、赤いビー玉が1個勢い良く飛び出しすぎて、カーブを曲がりきれずにコースアウトしています(笑)。
今回はコース形状やパーツの制限から、やむを得ずトンネルから直接落としたわけですが、スマートなコース作りには、あまりお勧めできない方法…ということで。
(^ ^;)
posted by REIKO at 16:13| Comment(0) | cuboroベーシスで頑張る

2013年07月22日

ビー玉の出口が三変化!

キュボロ・ベーシス全30パーツで作ったコースです。
ゴールらしき出口がたくさんありますが、さて最後にビー玉が出てくるのはどこでしょう?



塔の一階部分は、あちこちにトンネルが貫通するようにパーツが並べてあります。
すると、ちょっとパーツの向きや置き方を買えるだけで、出口が三変化するんですね!
以前の「玉の出口が変わる塔」はごく簡単なものでしたが、さらに凝ってみたわけです。
ゴールが一番右端になるものが、玉の道としては出来がいいと思います。

ベーシスはスタンダードと較べて小さい塔しか作れませんが、できるだけパーツの下を有効利用しトンネルを通すことで、長い時間玉が転がるコースが作れます。
posted by REIKO at 02:54| Comment(0) | cuboroベーシスで頑張る

2013年06月24日

パーツをずらして積む大人の?事情

キュボロ・ベーシスの30パーツを全て使い切ったコースです。
ビー玉の出口確保とパーツ数節約のために、ずらして積んでいる箇所があります。



出口確保は、こちらのずらし積みコースと同じパターンです。
パーツ数の節約というのは、一階の最前列は出口を開けるために一箇所ずらして置くと、全部で5個パーツが必要なのに、残り4個しかなかったため、1個分浮かそうとしたという意味です。

他のセットから1個持ってくればいいことですが、一応特定のセット内で作ろうと考えていること、スタート後の三階部分を短くすると、足りなくはならないが今度は「余る」…それも面白くない(笑)、ピッタリ使い切るには────と、頭をひねった結果ですね。
大人がキュボロで遊ぶなら、このように多少の「縛り」を設けた方が面白いし、制約がある中で工夫すると、キュボロのスキル(笑)も上がると思います。

隙間をあけて置いたパーツの上にずらして積む時、パーツ1個の上に置くなら7割以上重なっていないと、不安定になります。
しかし2個のパーツをまたぐ場合は、ほんのわずか両側が乗っているだけでも大丈夫です。
これを利用してパーツを上手く配置していけば、「1個浮かす」ことができるんですね。

このコースは立体交差やパーツの下を通すなど、トンネルも多く複雑に入り組んでいて、ベーシスのみを使った玉の道としては、ビー玉が転がっている時間が長いのも特徴です。
posted by REIKO at 17:01| Comment(0) | cuboroベーシスで頑張る