2014年01月15日

ジャンプして溝に着地!

クゴリーノポップとクゴリーノ基本セットで、ジャンプしたビー玉を81番でなく、レールの溝で受けるコースを作ってみました。
高く跳ねたビー玉が、ストンと溝に落ちて転がっている様子を御覧ください。



今回は23番からビー玉をジャンプ台に落としています。
22番よりも前方に飛び出すので、ビー玉の跳ね方少し変わりますね。
溝に乗せるにはこちらの方が向いているようです。

この溝乗せ、81番で受けるより難しそうですが、意外と成功率が高いです。
81番は、ジャンプしてくぼみに落ちるビー玉の勢いが強すぎると、跳ね出してしまうことが多いのに、溝だとそのまま転がっていくからのようです。
すぐに道を曲げると、ビー玉が曲がりきれずコースアウトしてしまうので、受ける溝は最低でも10センチの直線を確保しましょう。

動画のスロー再生を見るとこのコースでは、ジャンプしたビー玉が最高地点からかなり落ちた所にレールがあります。
できればもう少し高い(最高地点に近い)位置でキャッチした方が、その後のコースが長く作れるのでトクですね。
コースを作っている途中で仮撮影し、スロー再生でビー玉の軌道を確認すれば良かったです…気づきませんでした。
目視ではちょっと分からないですね、動体視力に自信がある人ならいいでしょうけど。 
posted by REIKO at 15:02| Comment(0) | cugolino ヒット&ポップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: