2013年10月12日

クゴリーノ基本セット+クゴリーノ・ヒット

今度は、クゴリーノの基本セットとクゴリーノ・ヒットを組み合わせた、循環コースを作ってみました。
発射台の長いレール(ランプ)の下をくぐるようにしたのが、ちょっとした工夫でしょうか。



クゴリーノはキュボロよりもビー玉が高速で転がるので、ハンマーを元に戻すための時間が十分取れるようにするのが、コース作りで注意することですね。
限りがあるパーツを、できるだけ有効に使うようにしないといけません。

クゴリーノはキュボロよりもパーツの置き方に自由度が高く、レールの中途半端な位置に落下パーツ(42や42R)を乗せたり、斜めに組んだりすることができます。
しかし循環コースでそのようにすると、ハンマーの支持台と上手くつながらなくなってしまうので、キッチリ組んだ方がいいようです。
最初に適当に置いていっったら、ズレが生じて困ってしまいました…
posted by REIKO at 18:43| Comment(0) | cugolino ヒット&ポップ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: