2013年09月04日

クゴリーノとシックスパック・プラスは意外と相性良し?

クゴリーノ基本セットと、キュボロのシックスパック・プラスを組み合わせてコースを作ってみました。
(クゴリーノの15cmレールと緑色の半円柱が1つずつ余っています)
シックスパックのシリーズは本来、同名の追加セット(パーツ数24個)を補完する目的で発売されていると思うのですが、クゴリーノと一緒に使っても十分お役立ちです。



シックスパック・プラスはこちらの記事で書いているように、キュボロ・スタンダードやベーシスに追加しても使いにくいのです。
しかしクゴリーノはビー玉が通るレールを「橋脚で支える」しくみなので、落下トンネルの出口に隙間を作ることができ、キュボロよりもこのセットとの相性がいいんですね。
動画でお見せしているように、クゴリーノならシックスパック107番の上の溝と中の落下トンネルを、両方使う置き方ができるのです。

さらに、クゴリーノのシリーズには含まれていない十字路と、曲線が二つ彫ってあるパーツがシックスパック・プラスには両方揃っています。
動画のコースではどちらも利用してみましたが、道が交差したりクネクネ曲がったり、なかなか楽しい。
ただし十字路もクネクネも、ここで曲線パーツを3つ使ってしまうので、他であまり「曲げられない」ことになります。
コース全体のパーツ配分を考えてから取り入れる必要がありますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: