2013年07月24日

キュボロ追加セット「プラス」と「プロフィ」で作ったコース

キュボロの基本セット、スタンダードやベーシスを使わず、追加セットの「プラス」と「プロフィ」だけでコースを作ってみました。
1個余ったので、47パーツ使っています。



cuboroの追加セット早わかりで書いているように、プラスは「見える道」プロフィは「見えない部分」に凝る人向けなので特徴が反対ですが、この両セットは意外と組み合わせて遊ぶのに適しています。

まず土台用の1番が合計12個、全48パーツに比してちょうどいい割合。
さらに3番と7〜12番が少しずつですが入っているので、基本パーツで遊び慣れた人なら、これらを手がかりにコースを作っていきやすいでしょう。
プラスの加速パーツ15・16番は、落下する時に勢いがつくので、スタンダード(またはベーシス)とプロフィを組み合わせた時よりも、ビー玉の動きにメリハリが付くのもポイント高いですね。
(三階から二階に出るところで加速パーツを使っています)
合計48個というパーツ数も、多すぎず少なすぎずでちょうどいい感じ。

このコースでは、見える部分にプラスの13・14番をメインにした道を作り、一方で下にも溝があるプロフィのパーツを利用して、ビー玉が出たり入ったりする面白さを狙っています。
(動画の後半で、パーツの下がどうなっているか見せています)
見える部分と見えない部分を上手く配分するのが、この両セットで楽しいコースを作るコツだと思いますね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: