2013年06月26日

スタンダードで大きめレイアウト

cuboroスタンダードの全パーツ54個を使い切ったコースです。
土台専用の1番パーツが豊富にあることを利用して、立体交差などを作らずに組み立てました。



各階のビー玉の経路自体はオーソドックスですが、パーツを塊のように積んで塔のようにせず、広いスペースに展開させたのがミソでしょうか。
家に例えると、このコースは広い土地を必要とするわけです。
cuboroの設置場所に余裕があれば、このように作るのも面白いですね。

早い話が、ホームセンターから厚手の板(60×45センチ)を買ってきて台の上に乗せたので、この広さを利用してみようと思っただけなんですが。
★板の上にさらに、緑色のタイルカーペット(50×50センチ)を敷いています
cuboroで遊ぶ時の縛りとして、「広い場所にゆったり」又は「狭い場所に高く」を徹底的に狙うのも楽しいと思います。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: