2021年07月06日

「キュボロ・ジュニア」先取りコース:その2

前回と同様に手持ちのパーツを集め、キュボロの新セット「ジュニア」とほぼ同じ構成でコースを作ってみました。



前回はゴールのビー玉入れがズレないよう、押さえに回っていた落下パーツ42番が今回の主役?です。
ビー玉がクルクルと良く回っていますね!
回すコツは、端の方からできるだけ高速でビー玉が入るようにすることです。

このコースではスタートから42番までのレールを少し傾けて、ビー玉の速度を上げました。
傾けすぎると勢い余ってコースアウトするので、適度に傾けるのがコツですね。
赤いAパーツの溝を利用し、レールを安定させつつも少し傾くように設置しています。↓

start_A.jpg

コースの後半では、23Wを2個使っています。
23Wは横からビー玉が入るとコキン☆と明るく大きな音がして、気分が上がりますよ!
一方、後方からビー玉が入るとほぼ無音ですが、その代わり高速&滑らかにビー玉が落下して、カーブではビー玉が生き物のような動きをするのが楽しいです。
便利な23Wですが、前方からビー玉を入れると落下しても転がりにくい点だけは注意しましょう。

どの方向からビー玉を入れても同じように落下する91番(11番と落下機能は同じ)と、方向によって違う23W、上手く使い分けたいですね。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: