2013年07月29日

その辺(笑)で売っているビー玉はキュボロに使えるか

cuboro社のカタログには「cuboroで遊ぶ時には専用のビー玉をお使いください」とありますが、その辺(ホームセンター、100円ショップ、大手スーパーの玩具売場など)で売っているものを使ったら、何か不都合があるのでしょうか?

答え:商品さえ選べば、その辺のものでも大丈夫です!

今まで私は「日本製」で直径17ミリのビー玉(明記してある場合もあるし、そう書いてなくても日頃キュボロで遊んでいれば同じ大きさか見て分かる)をその辺で買って使いましたが、何の問題もありませんでした。
cuboro社の正規品(実は日本製)には無い色合いのものもあり、動画の撮影時にも普通に使っています。

ホームセンターのは株式会社 オンダ、100円ショップSeriaのは松野工業株式会社製のものでした。
こちら↓

B-dama.jpg

いわゆる「オーロラ」と呼ばれているタイプで、表面が美しい光沢です。
cuboro付属のビー玉と同じ色のものは、混ぜると全く区別がつかないですね。
遊んでいるうちにビー玉がどこかに入ってしまったとか、もっと一度にたくさん転がしたい人は、近場で調達すればいいと思います。

なおビー玉は玩具だけでなく、インテリア・グッズとして扱われることもあります。
特に夏場は涼を呼ぶ飾り物として目立つ場所に置かれることが多いので、近くのお店をのぞいてみたらいかがでしょうか?
思わぬ綺麗なものが見つかるかもしれませんよ。

個人的にはピンクや紫色のビー玉がほしいのですが、なかなか売ってませんね。
ビー玉は男の子が遊ぶイメージが強いので、好まれないのでしょうか?
キュボロでピンクのビー玉…転がしてみたいんですけど。(^ ^;)
posted by REIKO at 20:51| Comment(0) | キュボロの賢い揃え方

2013年07月24日

キュボロ追加セット「プラス」と「プロフィ」で作ったコース

キュボロの基本セット、スタンダードやベーシスを使わず、追加セットの「プラス」と「プロフィ」だけでコースを作ってみました。
1個余ったので、47パーツ使っています。



cuboroの追加セット早わかりで書いているように、プラスは「見える道」プロフィは「見えない部分」に凝る人向けなので特徴が反対ですが、この両セットは意外と組み合わせて遊ぶのに適しています。

まず土台用の1番が合計12個、全48パーツに比してちょうどいい割合。
さらに3番と7〜12番が少しずつですが入っているので、基本パーツで遊び慣れた人なら、これらを手がかりにコースを作っていきやすいでしょう。
プラスの加速パーツ15・16番は、落下する時に勢いがつくので、スタンダード(またはベーシス)とプロフィを組み合わせた時よりも、ビー玉の動きにメリハリが付くのもポイント高いですね。
(三階から二階に出るところで加速パーツを使っています)
合計48個というパーツ数も、多すぎず少なすぎずでちょうどいい感じ。

このコースでは、見える部分にプラスの13・14番をメインにした道を作り、一方で下にも溝があるプロフィのパーツを利用して、ビー玉が出たり入ったりする面白さを狙っています。
(動画の後半で、パーツの下がどうなっているか見せています)
見える部分と見えない部分を上手く配分するのが、この両セットで楽しいコースを作るコツだと思いますね。

2013年07月22日

ビー玉の出口が三変化!

キュボロ・ベーシス全30パーツで作ったコースです。
ゴールらしき出口がたくさんありますが、さて最後にビー玉が出てくるのはどこでしょう?



塔の一階部分は、あちこちにトンネルが貫通するようにパーツが並べてあります。
すると、ちょっとパーツの向きや置き方を買えるだけで、出口が三変化するんですね!
以前の「玉の出口が変わる塔」はごく簡単なものでしたが、さらに凝ってみたわけです。
ゴールが一番右端になるものが、玉の道としては出来がいいと思います。

ベーシスはスタンダードと較べて小さい塔しか作れませんが、できるだけパーツの下を有効利用しトンネルを通すことで、長い時間玉が転がるコースが作れます。
posted by REIKO at 02:54| Comment(0) | cuboroベーシスで頑張る

ビー玉ジャンプ!なんちゃってクゴリーノ・ポップ

こちらのコースを少し変更して、天然スポンジゴムに落とす落下パーツを22番にしてみました。
ビー玉が急降下するので、スポンジゴムの位置が少し違います────両側を挟んでいる積み木の置き方を、前述のコースと較べてみてください。



22番から落とす方が23番よりも、ビー玉の跳ね方が安定しているようです。
(「本家」クゴリーノ・ポップには22・23両方が含まれています)
真上に近い方向からビー玉が落ちるぶん上に跳ね上がるので、三角積み木の角を飛び越えてコースの溝に着地するのが面白いですね。
23番でこれをやったら積み木にぶつかってしまいます。

ともあれたった148円でクゴリーノ・ポップもどき、十分楽しめました。
ホームセンターって、ほんとにいろんなもの売ってるんですね。
お店の隅までよく探せば、他にもキュボロやクゴリーノに組み込めるようなものが見つかるかもしれませんよ。

ホームセンターの5cm立方体でcuboroの土台?

2013年07月19日

ホームセンターの材料でクゴリーノポップみたいなことしてみた

クゴリーノ・ポップっていう、ビー玉がジャンプする追加セットがありますね。
私はまだ持ってないのですが、先日ホームセンター(ケーヨーデイツー)を物色していたら、天然スポンジゴムという黒くて弾力のある素材が売っていて、ひょっとしてビー玉が跳ねるのでは?と思い、買ってきました。
いろいろな形や大きさがあったので、直径5センチ・厚み2センチのものを────1個148円なのでダメ元です。

さっそく、キュボロ・マルチ(ムルティ)+クゴリーノ・サブ+受け皿+ニチガンの無塗装積み木U1を組み合わせたコースで試してみました。



おおお〜〜〜〜!なかなか良い感じですね!(^o^)V
スポンジゴムには、マルチの23番パーツ(クゴリーノの基本セットにも入っています)からビー玉を落としています。
ビー玉の衝撃でゴムが動かないように、両側を1/2パーツで挟みました。
このような場合ゴムの基尺(笑)がキュボロやクゴリーノとピッタリのため、コース内への組み込みもスマートで嬉しい限りです。

本家クゴリーノ・ポップを知らないので比較はできませんが、これでも結構代用できますね。
どの落下パーツから落とすかによって、ゴムや着地点の位置が違うので、何度も試して最適の配置を見つけましょう。
クゴリーノの基本セットを持っているなら、十分設置可能と思います。

キュボロのベーシスやスタンダードだけだと、どうでしょうかね…ゴムが動かないように滑りにくい台の上でやるとか、適当な積み木(薄めのもの)で押さえるなど、工夫が要るかもしれません。
23番が無いので、11か12番からビー玉を落とすことになりますが、ビー玉の軌道が少し安定しないような感じもありますし。

ところでこの天然スポンジゴム、本来は何に使うものなんでしょう?
それが気になってしょうがない私です。(笑)