2016年04月06日

久々の新商品「キュボロ・クゴリーノ・スタート」が出る!

待ってました!
久々にキュボロとクゴリーノに新しい仲間が増えます!
その名もキュボロ・クゴリーノ・スタート、欧州では2016年10月発売のようです。

キュボロ社公式サイトの商品介ページ

これはいい!パーツ構成を見たら、もう欲しくてたまりません!(笑)
名前やパーツ数からすると、キュボロ・スタンダードに対するベーシスのような、クゴリーノの廉価入門セットの位置づけらしいです。
しかしキュボロが「スタンダード>ベーシス」で、ベーシスには何らスタンダードを凌ぐ点がないのに比べ、クゴリーノ・スタートは親分のクゴリーノには無い便利そうで面白いパーツがたくさん含まれているじゃないですか!
具体的には、高さが2分の1で下にも溝がある GX、GKL、GKR、GCK です。
裏表使えるのは超ポイント高い!
特に長辺10センチのGCKは、カーブにつなぎ目がないのでビー玉の速度が落ちにくく、スムーズな走行が可能かと思います。

またこのクゴリーノ・スタートで特徴的なのは、落下パーツにこれまでのセットで主要だった11番系でなく、キュボロ・ジュビレの限定パーツだった23Wが採用されていることです。
こちらの方が11番系よりもビー玉の速度が出るからでしょうか?
(ジュビレの「限定」メリットが薄れてしまいますが…いいのかな?)

パーツの絶対量が少ないため、このセットだけで長く遊び続けるのは微妙かもしれませんが、親分のクゴリーノ基本セットやキュボロの各種セットにプラスすれば、飛躍的にコースを工夫できるバリエーションが増えると思います。
ワタシ的には、キュボロ・ベーシス+クゴリーノ・スタートの組み合わせで早く遊んでみたいですね。
パーツの数やバランスがちょうど良い感じです。

まあ問題はお値段ですね。
親分のクゴリーノ基本セットよりは安くなる(はず)とはいえ、キュボロ社の製品はどれも随分値段が上がってしまいましたからね…少しでも円高になってくれればいいんですが。
ともあれ日本発売になったら即買いです!
早く〜〜〜〜〜!\(^ ^*)
posted by REIKO at 20:12| Comment(0) | キュボロつれづれ考

2015年03月25日

クゴリーノとシックスパック・マルチで分岐コース

クゴリーノとキュボロのシクスパック・マルチ(ムルティ)を組み合わせて、分岐コースを作ってみました。
どちらの道にビー玉が転んでも、マルチらしいちょっとした仕掛けがあります。



分岐パーツ29番で向かって右に行くと、98番で勢いがついたビー玉が逆さに置いた加速落下パーツ94番の穴から飛び出ます。
そしてバックする時に、3番のトンネルをくぐって94番と98番パーツの下を通るようにしてみました。
向かって左はおなじみ急降下パーツ22番を使い、ビー玉が凸凹や曲がりのあるコースを元気に転がっていきます。
分岐させるとそれぞれのコースが短くなるのが残念ですが、まあそれは仕方ないですね。

クゴリーノは目に見える道をビー玉が転がる仕組みなので、シックスパック・マルチとの相性はなかなか良いようです。
撮影の都合上、40センチ四方くらいのスペースで玉の道を考えていますが、それにこだわらなければ急降下パーツで勢いをつけたビー玉を、長〜〜〜く転がすコースなども作れるでしょう。
それだけでも面白いかも!?
クゴリーノの長いレールは、キュボロをたくさん並べた時よりも速度の劣化が少なく、ビー玉が良く走りますからね。

2014年04月06日

ベーシス使い切り模範コース?

キュボロ・ベーシス30パーツを全て使い切ったコースです。
それほど特徴のあるコースではありませんが、塔の形や表道とトンネルの割合、ビー玉が転がる時間の長さなど、全体にバランス良くできたので、割と気に入っています。



最初何となく作っていたら、ピッタリ30パーツでコースができたんですね。
で、そのまま動画にしようかな…と思ったのですが、溝のあるパーツがたくさん土台になっていて有効利用できていなかったので、あちこち組み替えてビー玉が長く転がるように工夫しました。

加速パーツを使っていない場合、塔の大きさや使用パーツ数の割にすぐゴールしてしまう玉の道は、あまり出来が良くないと思います。
上の溝だけでなくトンネルも上手に使い、1つのパーツを複数回ビー玉が通るようにすると転がる時間が長くなります。
キュボロのベーシスはスタンダードと比べて、土台の数が少なくパーツのやりくりが難しいだけに、良いコースにするには頭をひねる必要がありますね。
posted by REIKO at 16:39| Comment(0) | cuboroベーシスで頑張る

2014年03月19日

四角錐、円柱〜ホームセンターのブナ材

ホームセンターに行くと工作や日曜大工用に、色々な形にカットした木製パーツが売っています。
たまたま近所にあるそのテの店では、キュボロやクゴリーノと同じブナ材で、しかも5センチ基尺のものを扱っているので、いくつか買ってきて遊びの足しにしています。

こういうものですね↓

HomeCenter-buna.jpg

立方体は、キュボロの1番パーツとほとんど同じで、以前こちらの記事でも紹介しました。
四角錐や半円柱は、ビー玉が通らない溝が表面に残った時の溝隠しに使えるし、立方体を斜め半分に切った三角柱は、ズレやすいパーツを押さえるのに便利です。
キュボロだけの角ばった玉の道に、斜めや円弧のフォルムが加わり、見た目もオシャレになって一石二鳥!

パーツの置き方の自由度が高いクゴリーノなら、さらに色々な使い方ができますね。
1個100円前後から300円程度と値段も手頃なので、いくつか買い揃えておくと便利です。

四角錐を溝隠しに使っているコースの例

2014年03月17日

ホームセンターのブナ材で溝隠し

近くのホームセンターで、キュボロと同じ5センチ基尺の色々な形のブナ材を売っているので、それとキュボロを組み合わせてコースを作ってみました。
キュボロ・ベーシス30パーツと、ブナ材は立方体4個、四角錐3個です(余った1個は脇に置いてあります)。
立方体のブナ材は、キュボロの1番パーツとほぼ同じですが、四角錐はキュボロには無い形なので、見た目も新鮮なコースができました。



四角錐は主に、ビー玉が通らない溝を隠すために使っています。
キュボロだけで遊ぶ時は、そこに他のパーツが乗るようにして隠すのがスマートですが、今回はとんがり帽子のようになって可愛いですね。
このまましばらく飾っておくのもインテリアとしてオシャレだと思います。

それ以外の工夫としては、土台をずらして並べ、またぐように上にパーツを置いた箇所がいくつかあります。
こうしないとパーツが足りなかったからですが、小さな橋を架けたように見えて、これもなかなか良い感じになりました。